不動産売買は多くの方法があり売却や購入は簡単にしてはいけない

物件の悩みはプロの人に相談しよう

手数料の知識

仲介手数料に関する基礎的事項について

不動産を売却するためには、売主が自身でその物件の買い手を探し出しだすことが理想です、その相手を直接取引を進めることで手数料等の費用の節約もでき、第3者を挟むことによるトラブル等が起こることもないでしょう。 ただし、個人で情報を集めるには大変な労力がかかるのです。また、買い手との売買契約や住宅ローンの抹消や所有権移転手続きなどの専門的な知識を有する必要があるのです。 そこで宅地建物取引業者に依頼して、買い手を探してもらうのが一般的です。そして物件に買い手が見つかった場合には、業者に仲介手数料を支払う必要があるのです。 その際にかかる仲介手数料の上限は国土交通省により決まっているのですから、上限を超える金額は取れないのです。ただしそれより低い金額での取引であれば自由です。

仲介手数料のからくりについて

仲介手数料の支払いは自分が直接依頼をした業者にするだけです。たとえ途中で複数の業者が関わっていたとしても、売主が不動産業者に支払う仲介手数料の金額には影響はないのです。受け取った分の所定の仲介手数料をどう分配するかは、その物件の売買に携わった不動産業者間での問題であるから、売却する側の売主が仲介手数料を重複して取られることはないのです。 なお、この仲介手数料の意味合いは業者への成功報酬ですから、物件が売却できなかった場合にはもちろん支払う必要はないのです。さらに、業者に業者に依頼をしたとしても、不動産業者に直接売却した場合にも仲介手数料は不要です。 不動産価値の高い物件は買い手が見つかりやすい為、基本的に価値が高い物件ほど仲介手数料は低く抑える傾向になるのです。

特例と相場

個人で不動産を売却する時は、たいていは居住用の不動産となります。その時は、居住用財産に関する特例を利用すると便利になります。また、相場を知る場合には、不動産会社に査定を依頼することが大切になります。

Read More

建設と注文住宅

注文住宅の建設は昔から人気のある建築形態です。最近では中古住宅を購入した後にリノベーションやリフォームをする方が安くなるため、そうする人も増えてきているようです。

Read More

費用を抑える

最近では仲介業者は買い手からではなく売り手から手数料をもらうという場合があります。この場合は買い手はもちろん仲介手数料無料ということになるので、金銭的にとても助かります。。

Read More

高層マンションの魅力

ワーマンションは壮大な景色が見れることに魅力があります。しかし、展望を気に入って購入しても、その隣にまた別のタワーマンションが建設されう可能性もあるので、購入前には事前に周辺の情報もチェックしておくと良いです。

Read More

憧れの物件

一戸建てに憧れる人は未だに多くいます。現在、一戸建て住宅が増える背景には、人材の確保と資材の調達が容易になったこと、住宅ローンの整備が整い始めたことにあります。

Read More